県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年12月26日
福岡県立高校の校則について (カテゴリ:教育・文化/教育)

福岡県立高等学校の校則に関する以下の質問に対し、福岡県教育委員会(教育庁)としての回答を求めます。

  1. 福岡県は各県立高校で定められている校則について把握しているのでしょうか。また、県立学校で定められている校則の内容について、見直すべき不適切なものがあると認識しているのでしょうか。
  2. 福岡県は、「県民の声」において、「校則の内容は、社会通念に照らして合理的とみられる範囲内で、学校や地域の実態に応じて適切に定められます。」「学校を取り巻く社会環境や生徒の状況は変化するため、校則の内容は、児童生徒の実情、保護者の考え方、地域の状況、社会の常識、時代の進展などを踏まえたものになっている必要があり、絶えず積極的に見直すよう、引き続き指導してまいります。」等と回答しています。
    昨今問題視されている、人権を侵害しかねない、必要性や合理性が不明で不適切な校則(例えば、ツーブロックの禁止等の髪型の指定、ヘアゴムやヘアピン等の色の指定等)についても「社会通念に照らして合理的とみられる範囲内」であり「児童生徒の実情、保護者の考え方、地域の状況、社会の常識、時代の進展などを踏まえたもの」であるとお考えでしょうか。
  3. 福岡県は、「県民の声」において、「個別の校則について御相談及び御質問等がございましたら、当該学校に直接お問い合わせいただくことが、最良であると考えています。」と回答しています。
    確かに、生徒や保護者が、校則について直接学校へ異議を唱えることができれば、それが最良なのかもしれません。
    しかし、実際は様々な不安により、直接学校に意見することは難しいと考える生徒や保護者も多くいると思います。また、生徒や保護者が学校に意見を伝えたとしても、ただでさえ仕事量の多い教員にとって、校則の見直しは後回しになる等の可能性もあると思います。
    そのため、県教育委員会が、各県立学校で定められている校則の内容や指導についての実態を調査し、その必要性や合理性を検討し、不適切なものについては修正、廃止するよう指導し、通知するべきだと考えます。他県のように、県立高校等に校則の見直しを求める指導や通知をするつもりはあるのでしょうか。

最後に、福岡県は、「県民の声」において、「県教育委員会といたしましては、各学校が校則について、入学時までにあらかじめ生徒及び保護者に周知するようにするなど、校則の適切な運用について、さまざまな機会をとらえて指導に努めてまいります。」と回答していますが、高校受験生にとって校則の内容も高校選びの判断材料の1つになると思うので、ぜひ積極的に、入学前に中学生へ周知するよう県立高校へ働きかけをしていただききたいです。

県からの回答

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

校則については、見直し状況を定期的に調査し、その実態把握に努めています。

なお、校則の内容が適切かどうかについては、各学校が自校の生徒の実情や、教育目標等を踏まえつつ、主体的に判断すべきものと考えています。

県教育委員会では、生徒指導主事研修会など様々な機会を通して、社会情勢の変化を踏まえ、校則の見直しが適切に行われるよう指導しています。

また、入学前の中学生に対しては、各高校の校則や学校生活に関する情報を知ることができる進路相談事業を各学区で開催しています。

御理解、御協力の程、よろしくお願いいたします。

教育庁 高校教育課

ページの先頭へ戻る