県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年7月25日
育休制度と働き方(特に女性)について (カテゴリ:仕事・産業/職業・労働)

現状長年子どもがいなかった私が経験し、育休取得した姉と話していた内容をお話しします。福岡だけでなく、日本全国で言えることです。

仕事をしていると同僚が育休取得で休み、その都度、仕事量が増えました。仕事量が増えても会社からはそれに対する給付金が支払われることもなく、育休を取得してる人が帰ってくるまでの間に臨時社員を雇うことはありませんでした。

育休取得している人は減額されますが給料は支払われます。「その余った給料はどこへいくのだろうか」といつも疑問に思っていました。その余った給料を仕事量が増えた人たちに還元すべきではないかと考えます。そうすれば、姉のように育休取得した人たちも気負いすることなく、気持ちよく休めるし、仕事量が増えた人たちも気持ちよく働けるのではないかと思います。これは男女共同参画にもつながるのではないかとも思います。

県からの回答

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

労働者の円滑な育児休業の取得と職場復帰の促進については企業の取組みが不可欠であることから、国が労働者の育児休業の取得と職場復帰に取り組む中小企業に対し、助成金を支給しています。

現在、「育休取得時及び職場復帰時」、「代替要員確保時」、「職場復帰後支援」の3つの取組みが対象です(「育休取得時及び職場復帰時」については、代替要員を確保せずに業務の効率化、周囲の社員により対象労働者の業務をカバーした場合の加算があります)。

県では、これら助成金制度の利用促進を図るため、毎年県内企業と事業所を対象としたセミナーを開催しているほか、「子育て応援宣言企業」向けにメールマガジンを配信し、制度の周知を行っております。

※子育て応援宣言企業とは、企業のトップが従業員の仕事と子育ての両立を応援する具体的な取組みを自ら宣言し、それを県が登録する制度のこと

もし、企業の対応が改善されないなど、具体的な御相談を希望される場合は、福岡労働局または県内4地域にございます福岡県労働者支援事務所にお問い合わせください。

本県におきましても育児休業を取得する方、その職場の方がお互いに働きやすい環境となるよう、「子育て応援宣言企業」の登録拡大やセミナーによる啓発等に今後も努めてまいりますので、今後とも、本県雇用労働行政の推進に御理解と御協力をいただきますよう、お願いいたします。

(参考)厚生労働省ホームページ「両立支援等助成金のご案内」(外部リンク)はこちら。

福祉労働部 労働局 新雇用開発課

ページの先頭へ戻る