県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年6月29日
福岡県の教育施策について(新型コロナウイルス感染症関連) (カテゴリ:教育・文化/教育)

※複数の方の御意見を集約しています。

1.GIGAスクール構想に対する福岡県の対応が知りたい

文科省が推進するGIGAスクール構想はクラウド利用が想定されています。福岡県はこれまでクラウド利用を制限してアクセス制限等をしてきましたが、県の教育行政の判断でもクラウド推進ということなりますか。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う休校中は緊急事態ということで「できるところから」「できる人から」と文科省動画でもメッセージが発されました。

緊急事態宣言が解除された6月以降もGIGAスクール構想に沿ってオンライン教育にシフトするのでしょうか。それとも休校前の教育体制(元の生活)を目指してオンライン教育にはあまり力を入れないのでしょうか。

現状、ICT機器の充実はやるけどオンライン教育には下記のような後ろ向きな印象を抱きます。

  • 休校中の授業動画は撮らなくなりました
  • LMSの利用も計画だけでストップしました
  • 一人一端末が支給されるまで私用の端末でやるBYODもなくなりました

文科省は新型コロナウイルス感染症の終息後もGIGAスクール構想でオンライン教育を推進する姿勢です。しかし福岡県の教育現場を見ているとフェイスガード等の報道ばかりで非常事態宣言の解除によってオンライン教育に逆風が吹いた印象です。

2.教師は子どもの指導に専念してほしい。

家族に教師がいます。今度、出張で県北の方に行くと聞きました。内容は、学校で行われる教師向けの発表会に関係する連絡会だそうです。北九州ではまだ感染者も出る中なので、若干不安になりましたが、それ以前に教師はこのような状況の中、ウェブ会議を活用していない事に驚きました。休校が3ヶ月もあったのに、そういう準備は進めていなかったのでしょうか。

詳しく聞くと、子どもたちの行事はどんどん中止になったり、夏休みはなくなったりしているのに、教師の研修会や会議はそれなりに行われているそうです。多くの子供たちに接する教師がいろんな場所に移動をしているというのは、おかしいと思います。

ただでさえ、2ヶ月も少なくなった今年度、おそらく来年度まで影響が出るでしょう。教師が子供たちのために仕事することに専念してもらうことと合わせて、削れる予算は削り、休業補償等の予算に当ててはどうでしょうか。

併せて、学校が始まり、夜遅くまで電気が灯るようになりました。暑くなってきたこともあり、エアコンもよく動いています。教師の残業も減らしてもらうようお願いします。

3.福岡県のポストコロナの教育ビジョンを問います

福岡県立学校はコロナ第二波に備えてどのような取り組みを進めていますか。緊急事態宣言の解除によって、休校中のオンライン化やリモートワークの類がすべてストップするかキャンセルされています。

すべて、と書いたのは現職高校教師に尋ねたところ「何もしてない」と回答されたからです。

福岡県の教育行政としての見解を求めます。教育現場にどのような指示を出して、コロナ第二波に備えるようにしていますか。

県からの回答

1.GIGAスクール構想に対する福岡県の対応が知りたい

この度は御意見をいただきありがとうございます。

国が進めている「公正に個別最適化された学び」を本県において実現していくためには、クラウドの活用は必要と考えています。

そのため、本県の教育現場においてもクラウドが活用されるよう、今後、国のガイドラインを参考に、情報セキュリティポリシーをクラウド活用を前提としたものに見直すとともに、端末や校内通信ネットワークを一体的に整備していくこととしています。

また、休業中の家庭学習、通常時の授業いずれにおいてもICT機器やインターネットの活用の有効性は高いと考えており、今後とも、ハード、ソフトの整備充実及び教職員の意識や活用指導力の向上を図り、オンライン学習を推進してまいります。

教育庁 施設課
2.教師は子どもの指導に専念してほしい。

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症対策に係る今後の出張等の対応については、出張命令の際には、所属長は出張先の感染状況を踏まえるとともに、業務上の必要性を個別に判断することとしています。県主催の会議については、感染が拡大している地域での会議は、業務上の必要性を精査した上で、可能なものは延期し、実施する場合においては、感染防止のための措置を講じた上で参加人数の縮小や時間の短縮等を検討することとしています。

また、教職員の超過勤務の縮減につきましては、職員の健康保持並びに「教職員が子どもと向き合う時間」を十分に確保し、学校教育の質を維持向上させる上で重要な課題と認識しており、現在、各学校において、校務の円滑な運営に配慮しつつ、それぞれの実情に応じて働き方改革の取組を実施しています。

今後も取組を継続するとともに、効果的な取組については全ての学校に周知したり、校長を対象とした研修会等で取組の徹底について指導を行うなど、より実効的なものとなるよう、組織を挙げて取り組んでまいります。

御理解、御協力をお願いいたします。

教育庁 教職員課
3.福岡県のポストコロナの教育ビジョンを問います

この度は御意見をいただきありがとうございます。

本県教育委員会では、臨時休業期間中から各学校で取り組んでいるインターネットによる学習課題の指示やオンラインによる授業、デジタル教材の作成などを、さらに発展させていく必要があると考え、感染拡大の第二波に備えています。今後もハード、ソフトの整備を推進するとともに、教職員のICT活用指導力の向上に一層努めてまいります。

御理解、御協力のほど、よろしくお願いいたします。

教育庁 高校教育課

ページの先頭へ戻る