県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年5月29日
学校及び保育園の再開について(新型コロナウイルス感染症関連) (カテゴリ:くらしと環境/保健・医療)

※多くの方々から類似の御意見をいただきました。その中の一部を掲載いたします。

1.登校再開に際しての児童生徒及び教職員の休業、自主隔離の目安について

今般、児童生徒の登校が順次再開されるにあたり、児童生徒や教職員本人に発熱や気道症状がある場合は、登校や出勤を回避することが当然必要になってきます。同居家族に新型コロナウイルス感染症の可能性が否定できない有症者が発生、あるいは、濃厚接触者が発生した場合にはどのような対応をされる予定でしょうか。本人が発症しない限りは登校や出勤は許容されるのでしょうか。

保健、教育担当部署から、一定の指針などをお示しいただきたいと思います。

2.分散登校について

現在、福岡県内での感染は収束しつつあり、先日学校からも分散登校が開始されるとのメールが届きました。

しかし、新規感染者がゼロに近くなってまだ日も浅く、油断できない状況です。経済活動の再開は必須ですが、教育においては、無理に登校させる必要は無いと考えます。

授業はオンラインでも可能です。自分自身もオンライン授業を経験しましたが、授業後にわからなかった生徒は通話に残り、個別に教えてもらうということもできたので、非常に満足のいく授業内容でした。

教育は大事ですが、感染してしまっては元も子もありません。オンライン授業の本格的な導入をお願いします。

3.保育園登園自粛要請について

北九州市の感染拡大に伴い、どうか福岡県内の保育園登園の自粛要請を延長していただきますようお願いいたします。

感染経路が不明な場合もある中、保育園の自粛要請は今月いっぱいで解除されます。保育園では「3密」を防ぐ事ができないため、通わせる保護者からしたら不安でたまりません。登園自粛要請を延長していただけたら、家庭で保育が可能な保護者は自粛することができます。登園を自粛する子どもたちがいれば少しでも感染拡大を防ぐことができます。不安な保護者も子どもを休ませることができるため、少しは安心な気持ちで日々を過ごせます。自粛要請が解除されると不安で保育園を休ませたい親は長期休みで退園対象に扱われます。

「3密」を回避出来ない子どもたちの安全を、それを思う保護者と保育士の不安や安全をどうか守って下さいますようお願いいたします。

4.北九州市内学校の休校について

北九州市内の学校は、なぜ休校にならないのでしょうか。3時間授業をするのは感染を広げる行為だと思います。

北九州市内では第1波より多くの感染が確認されています。子どもは衛生に対する意識が弱く、消毒など丁寧には行っていません。クラスには40人が密集、密接している状況であり、公共交通機関で通学する場合もあります。

子どもは症状が軽いといわれていますが、万が一命を落とすことがあってはなりません。また、子どもたちには家族がいます。無症状のまま家族や祖父母と過ごして新型コロナウイルス感染症を移してしまい、もし、その子どもたちにとって大事な人たちを失った時、一生自分を責めるでしょう。そんな気持ちのまま一生悔やみながら生きていけるでしょうか。

今、勉強が出来ないのはそれほど大切なことではありません。受験などに影響が出るのであれば制度を変えればいいと思います。今、大切なのは国民、県民、市民の命ではないでしょうか。

本当に感染を抑え込みたいのであれば、ぜひ、休校にして下さい。

県からの回答

1.登校再開に際しての児童生徒及び教職員の休業、自主隔離の目安について

貴重な御意見ありがとうございます。

県立学校の教育活動の再開に当たり、5月14日に県立学校に対して「教育活動再開後における新型コロナウイルス感染症対策の徹底及び児童生徒等の感染が判明した場合等の対応について」を通知しました。

この中で、児童生徒等の同居家族が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に特定された場合、新型コロナウイルスの検査を受けた場合は当該検査結果が判明するまで、保健所から検査受検を案内されなかった場合も保健所による健康観察が継続する間は自宅待機を指導することとしております。また、同居家族に息苦しさや強いだるさ、高熱等の強い症状のいずれかがある場合など、感染の疑いがある場合は、症状が改善する等、感染の疑いがなくなるまで、児童生徒等に自宅待機を促すこととしております。なお、教職員についてもこれらに準じた対応となります。

詳細は、県ホームページに通知文を掲載しておりますので、御参照ください。

なお、市町村立学校の感染防止対策及び健康管理については、各市町村教育委員会が実施するものでありますことを申し添えます。

(参考)福岡県ホームページ「教育活動再開後における新型コロナウイルス感染症対策の徹底及び児童生徒等の感染が判明した場合等の対応について(通知)(外部リンク)はこちら。

教育庁 体育スポーツ健康課
2.分散登校について

貴重な御意見ありがとうございます。

遠隔教育は、新型コロナウイルス感染症に見られるような感染症発生時や自然災害発生時など、様々な理由から学校へ行けない子どもたちへの教育機会の確保という面において、これからの学校教育で有効な手段となりうるものと考えられます。公立小学校や中学校における遠隔教育の実施については、学校を設置管理する市町村教育委員会において、文部科学省が行っている遠隔教育の実証研究の成果や、環境整備の状況を踏まえた検討が行われることが大切だと考えます。詳しくは学校を所管する市町村教育委員会へお問い合わせいただくことをお勧めします。

教育庁 義務教育課
2.分散登校について

貴重な御意見ありがとうございます。

現状においては、学校における感染リスクが全くなくなっているわけではありませんが、臨時休業が長期間になることで、子どもの学びの保障や心身の健康に深刻な問題が生じることが考えられます。教育活動の再開については、社会全体が長期間にわたりこの新たなウイルスと共に生きていかなければならないという認識に立ち、学びを保障することとの両立を図るために、可能な限り感染防止の措置を講じながら、教育活動を再開するものです。

また、オンライン学習については、実施環境を整えながら今後も推進していく予定です。

教育庁 高校教育課
3.保育園登園自粛要請について

貴重な御意見ありがとうございます。

国が本県等を対象に、緊急事態措置を実施すべき区域の指定を解除したことに伴い、保育所については、事業の継続が求められる施設とした上で、徹底した感染防止対策をお願いしています。

その上で、保育の実施主体である市町村に対しては、保育の提供体制が整うまでは、引き続き仕事を休んで家にいることが可能な保護者に対し、園児の登園を控えるよう要請するなど基本的な感染防止策の徹底等を継続するようお願いしているところです。

県民の皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

福祉労働部 子育て支援課
4.北九州市内学校の休校について

貴重な御意見、ありがとうございます。

北九州市における5月23日以降の感染状況につきましては、県教育委員会としましても注視をしており、5月29日の福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、北九州地区の県立学校については、当面1週間、一斉登校を中止し分散登校に戻すよう決定したところです。

なお、当該内容については、北九州市を含む全ての市町村教育委員会に対して、県立学校を参考としつつ適切に判断されるよう要請しております。

教育庁 総務企画課

ページの先頭へ戻る