県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年5月15日
高校無償化の所得制限について (カテゴリ:教育・文化/教育)

本年度から私立高校無償化の給付額が拡大されましたが、世帯収入590万の所得制限を他県のように福岡県も見直して拡大もしくは制限撤廃していただけないでしょうか。

590万ですと、共働きで僅かに制限を超え該当しない家庭も多いと思われますし、何より同じ子どもの教育なのに何かにつけ線引きされ支給されず、不公平を感じ正直辛いです。

どうか育児や教育だけは差別や区別をしない県政をお願い致します。

県からの回答

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

私立高等学校の授業料の負担軽減を図るため、国の高等学校等就学支援金制度により、世帯の年収(注)が約910万円未満の生徒を対象に就学支援金が支給されております。

本年度から、年収約590万円未満世帯への支給上限額が引上げられ、支援の充実が図られました。

また、本県では、教育費負担への支援をより必要とする住民税所得割非課税世帯等の生徒について、学校納付金の軽減補助を行っているところです。

全ての意志ある高校生が経済的理由により修学を断念することがないよう、いただいた御意見を参考とさせていただき、今後とも、国に制度の改善を要望するとともに、本県の教育支援の充実に努めてまいりますので、御理解いただきますようお願いいたします。

(注)年収は、両親、高校生、中学生の4人家族で、両親の一方が働いている場合の目安

人づくり・県民生活部 私学振興・青少年育成局 私学振興課

ページの先頭へ戻る