県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年3月24日
学校へのICT導入ついて(新型コロナウイルス感染症関連) (カテゴリ:教育・文化/教育)
1.家庭での通信教育システム(オンライン教育)導入について

中華人民共和国において、家庭で受けられるオンライン教育が実施されたとの報道機関からのニュースがありました。

各企業が支援し、学校が休みの時期、オンライン教育を国の子供たちに無償提供しているそうです。情報端末をどうしているのかは不明ですが。

福岡県として、これらの個人宅へのオンライン教育について、災害対策や補修の面からも、調査や研究、実施などを促進する考えはありますか?

2.ICT導入について

小学校、中学校、高校のICT導入の遅れが気になります。

保護者に対する連絡事項の電子化や、LMS(ラーニングマネジメントシステム)に積極的に取り組んでいれば3月の休校措置での混乱はもっと小さく乗り切れたと思います。

全国的に休校中の教師によるブログや動画配信への取組がニュースになってますがやはり急なことゆえに混乱も大きいようです。

そして、そういう取り組みをしていない学校は本当に電話連絡程度の最低限しかやっておらず、学校ホームページの更新すらされていません。こちらは混乱がない代わりに不安が大きいです。

ICT活用した学校と、最低限の電話連絡程度しかやらない学校による教育格差が生まれてしまうのは福岡県の教育行政の失政のように感じます。

今回のようなコロナウイルスでなくても毎年のようにインフルエンザで学級閉鎖が起きているし、天災による休校もあります。予算をつけて対策をとって頂きたいです。

導入が進まない障害は何ですか?

県からの回答

1.家庭での通信教育システム(オンライン教育)導入について

貴重な御意見ありがとうございます。

オンライン教育につきましては、児童生徒に対し個別に最適化された学習環境を提供できることや、様々な条件により通学して教育を受けることが困難な児童生徒の学習機会の確保ができること等の効果があります。しかし、その一方で、各家庭でオンライン教育を実施するための環境整備(インターネット接続を行うためのLAN整備、情報端末の確保等)や長時間利用による健康面への配慮等の課題が考えられます。

今後は、こうした点を含め、ICTを活用した遠隔教育の在り方について研究してまいります。

教育庁 高校教育課
2.ICT導入について

貴重な御意見ありがとうございます。

学校のICT環境の整備は、感染症や自然災害発生時など、様々な理由から学校へ行けない子供たちへの教育の機会の確保とともに、保護者等との効率的な連携も可能となると考えております。

そのため、本県県立学校においては、現在、各学校のICT環境の整備を進めているところであり、学校から保護者へ一斉にメールを配信できるシステムも平成30年度に導入しています。

今後も、様々な状況に対応できる環境の整備を進めていくとともに、研修会の実施等による教員のICT活用能力の向上についても取り組んでまいります。

なお、公立小及び中学校におけるICT環境についても、自治体間において差が生じることがないよう、各市町村教育委員会に情報提供を行うことで必要な環境の整備を促してまいります。

教育庁 施設課

ページの先頭へ戻る