県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年12月5日
試験作成や採点の為の残業をどうお考えですか? (カテゴリ:教育・文化/教育)

高校教師の家族です。

中間や期末の定期試験の時期になると「試験作成のため」「採点のため」の残業を行っています。

教員本人の話では「しなければならない」と言っていますが、「管理職に求められたのか?」と事実確認すると「そういうことは無いけどみんなやってるからやらなければならない」と言います。

超勤4項目に試験作成、採点のための残業は明記されてないけど法令上の位置づけはどう解釈してるのか?と問うと「法令なんて現場は関係ない」と嘯きます。

学外の人間の感覚としては、試験前後に残業してる実態が常態化しているのだから試験作成はもっと前にやって、採点も「すぐに返す」ことを求めなければ勤務時間内に収まると感じています。そういう工夫が「できない」「残業対応しなければならない」と回答する教員としての労働観が何に由来するのか根拠がはっきりしません。

物言いが良くないのは家族に対してだからそういう態度なのだろうとは思いますが、教職公務員としての勤務の姿勢に疑問を抱きます。

福岡県教育委員会の見解を求めたいです。

  • 定期試験作成のための残業の是非
  • 定期試験採点のための残業の是非

端的に、「試験を採点してすぐ返す」のと「定時で帰る」のはどちらが優先されるのでしょうか。現場の教員は「すぐ返す」のが優先順位が高いと考えています。

県からの回答

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

特定の業務の優先度や緊急性については、学校現場の状況によるため、一概に申し上げられませんが、できる限り超過勤務の縮減が図られるよう、教育委員会、学校、教員が連携協力して業務改善や意識改革を推進することが重要であると考えております。

このため、本県では、各県立学校にICカードによる勤務時間管理システムを導入し、教員の勤務時間を適正に把握することで、校長の業務マネジメントや教員の健康への配慮等を行うこととしております。

こうした取組を通して教職員の働き方改革を進めてまいりますので、今後とも御理解と御協力をお願いいたします。

教育庁 教職員課

ページの先頭へ戻る