県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年11月17日
授業プリント、スライドデータの扱いについて (カテゴリ:教育・文化/教育)

教員家族からの質問です。

現在、授業で使うプリント(スライドや穴埋めなど)を教科担当の教師が自作しています。すべての単元で作っているようなのでほぼ毎時のようなペースで作成して配布しています。

これらプリントの著作権の扱いはどうなっているのでしょうか?

近年の教員の不祥事(個人情報の流出等)によって学校のセキュリティが向上したのは良いのですが、クラウドストレージが使えなかったりUSBフラッシュメモリが使えなかったりという理由で教員が作成したプリントを翌年自分で参照することも困難になっています。

Webサービスであれば規約の中に著作権の扱いがありますが、学校の中では著作権はほとんど意識されて居ません(教頭など管理職であっても知らないと回答されます)。

福岡県例規全集には授業で使うスライドやプリントの著作権がどういう扱いなのか見つけられませんでした。

民間企業の会議資料でみる「部外秘」 という扱いで、作成者自身であっても異動したらアクセス権を失うということでもその根拠となるものが見つかりません。

授業の為に作成したスライド、プリント等著作物の扱いについて回答よろしくお願いします。

(参考)福岡県例規全集のトップページ(外部リンク)はこちら。

県からの回答

授業の為に作成したスライド、プリント等著作物の扱いについて貴重な御意見をいただき、ありがとうございました。

御質問の件ですが、作成したスライド、プリント等の内容やその趣旨等により、著作権の扱いが異なりますので、詳しいことは、以下の連絡先にお問合せください。

文化庁著作権課

電話 03-5253-4111

メールアドレス chosaku@mext.go.jp

公益社団法人著作権情報センター

著作権テレホンガイド 03-5333-0393

※受付時間 10時から12時まで、13時から16時まで

(土日、祝日を除く)

教育庁 高校教育課
教育庁 義務教育課

ページの先頭へ戻る