県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年10月18日
掃除洗濯炊事やビジネスマナーと学校の授業について (カテゴリ:教育・文化/教育)

県の教育機関の所管でない(ただし、県の教育委員会には関係がある)と考えますが、御質問します。

  1. 最近、基本的な内容が理解されていない、という問題が良く言われています。ジェネレーションギャップのせいもあるかもしれませんが、たとえば、掃除が出来ない、洗濯の方法が分からない、料理が分からない、ビジネスマナーが分からない。などです。
  2. また、高校以下の就労でのトラブルもよく報道される事があります。最近では、労働の強要で悩んで自殺した、とされる案件もありました。
  3. これらに関して、掃除洗濯炊事は、昔は家庭科の授業に組み込まれていた気がしますが、その時間も短く、ほとんどやっていない(料理の実演だけ)の記憶があります。
  4. 現状、おとなになるための教育は、家庭だけでなく、学校でも教え、知識を深める必要が考えますが、県として現状はどうなっておられますか?

県からの回答

貴重な御意見ありがとうございます。

学校では、学習指導要領に基づき各学校で教育活動が行われています。

御指摘の、掃除や炊事、洗濯については、高等学校では共通教科「家庭」の学習の中で、実験・実習を通して体験的に学習することとなっております。また、マナーについては、「家庭」を含めた様々な教科で学習しています。共通教科「家庭」の授業は、人の一生と家族・家庭及び福祉、消費生活、衣食住などに関する基礎的・基本的な知識と技術(技能)を習得し、家庭や地域の生活課題を主体的に解決するとともに、生活の充実向上を図る能力と実践的な態度を身に付けることを目標として行われています。そのため、掃除や炊事、洗濯、マナーについての学習時間は限られておりますが、限られた時間の中で、実生活に結び付いた学習となるよう授業改善に取り組んでいるところです。

学校教育の目標を御理解いただき、御支援いただきますようお願いいたします。

教育庁 高校教育課

御質問の実生活にかかる基本的内容については、各小中学校において学習指導要領に基づき、例えば家庭分野で実践的・体験的な活動を通して、よりよい生活の実現に向けて生活を工夫し創造する学習を行っています。また、社会性を身に付けるようなキャリア教育を特別活動や総合的な学習の時間において実施しています。

教育庁 義務教育課

ページの先頭へ戻る