県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年9月12日
県は校則を収集する必要があると思う (カテゴリ:教育・文化/教育)

熊本市は市内の小中学校の校則をすべて収集したうえで校則について討議する場を設けていました。

福岡県は管轄する学校の校則は把握してないので各学校に問い合わせるように、と回答しています。

福岡県教育委員会も県立学校の校則を収集して、相談に対応できるようにした方が良いのではないでしょうか。「事実確認できません」「各学校に問い合わせください」といった応答が県民の声に並ぶのは好ましくないように感じます。

県からの回答

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

校則は、学校が教育目的を達成するために必要かつ合理的範囲内において制定するものであり、制定する権限は、学校運営の責任者である校長にあります。また、校則の内容は、社会通念に照らして合理的とみられる範囲内で、学校や地域の実態に応じて適切に定められるものですので、一律のものではありません。ご質問いただきました高校教育課では、全日制・定時制・通信制あわせて115校の県立高等学校と、4校の県立中学校、1校の県立中等教育学校を所管しております。そのそれぞれの学校において、学校種や生徒の実情、地域の状況、校風など、各学校がその特色を生かし、創意工夫ある定め方をしています。

上記のような理由により、各学校の校則についてはご相談・ご質問等がございましたら、直接各学校にお問い合わせいただくことが、最良であると考えております。

県教育委員会といたしましては、所管する学校に対して、校則について生徒や保護者の意見を聴取したり、生徒指導の方針について保護者と共通理解を図る機会を設けるなど、校則が適切に運用されるような取組の推進について、今後とも様々な機会をとらえて指導してまいります。

ご理解いただきますようお願いいたします。

教育庁 高校教育課

ページの先頭へ戻る