県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年2月15日
選挙関連 (カテゴリ:行政/その他)

昨年10月の衆院選を巡り〇〇市で開票作業中に数百票が不足、選管幹部が白票扱いをした事件が有り、今警察で調査をしているとの事ですが、県選挙管理委員会では、この情報をご存知ですか?事実はどうなのでしょうか?もし、フェイクニュースならどんな対応をお考えでしょうか?民主主義の根幹に関わることです。選挙への信頼が崩れるのは怖いことです。

選挙の公平・公正・中立を堅持するためにも、疑念を払拭する努力が不断に必要だと思うとともに、積極的に選挙・選挙管理委員の仕事など主権者教育と共に選挙の裏表を広報し、県民の関心をもたらすような思い切った「選挙に関わる○○作戦」のような事をして頂きたいです。

県からの回答

貴重な御意見をありがとうございます。

県選挙管理委員会では、衆議院議員総選挙、参議院議員通常選挙及び県知事・県議会議員一般選挙等を執行する際には、市区町村選挙管理委員会委員長・書記長会議を開催し、それぞれの市区町村の開票における体制や個々の作業等について、過誤が発生し得る余地や不正が混入し得る余地がないかどうかという観点から改めて点検を行い、厳正な開票を確保するよう注意喚起をしております。

また、委員長・書記長会議とは別に、実際に投・開票事務に携わる各市区町村の職員を集めた投・開票速報事務等担当者説明会の場を設け、投・開票事務について、より具体的な助言を行っております。

投開票日の翌日(又は翌々日)には、各市区町村の選挙管理委員会職員の同席のもと、開票結果検収を実施し、投・開票結果に齟齬や異常値等がないか確認作業を行っております。

インターネット上をはじめ、様々な情報が行き交う時代ではありますが、今後とも選挙の厳正な管理執行及び選挙の信頼確保に全力を尽くしてまいります。

一方、選挙管理委員会の仕事内容を紹介することを通じて、選挙への関心や投開票事務への信頼を高める取組も進めております。

出前授業においては、選挙制度を説明するだけではなく、開票にかかる時間を少しでも短くするため、投票用紙は折りたたんでもしばらくすると自然に開く特殊な紙を使っていることなど、一般の有権者には意外と思われるような事例を交えながら、投票方法等を説明しています。授業に参加しやすくする試みとして、クイズ形式を取り入れております。

制度面では、有権者の方は、該当する開票所を参観することができます。また、平成28年の公職選挙法の改正により、有権者の同伴する18歳未満の方は投票所に出入りすることができるようになりました。実際の投開票の現場に触れていただくことが、選挙への意識を高める機会になればよいと考えております。

選挙管理委員会

ページの先頭へ戻る