県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/11/23
12/1福岡市で行われる、弾道ミサイルサイレン訓練について (カテゴリ:くらしと環境/防犯・防災)
 メール配信、サイレンがマナーモードにしても鳴る。鳴るのが困る際は電源オフにと記載がありますが、私が務めている職場は休憩時間以外には電源をオフに必ずしないといけません。通信販売のオペレーターなので仕方ないとは思いますが、訓練ならまだしも、本当に避難しないといけない事態、弾道ミサイルや地震速報などの命に関わるサイレンすらも、今の状況では何も知らないまま何か起これば死を待つしかないのです。身構える事ができません。 
 周りに相談しても、上司は速報で分かるから大丈夫と言いますが、そうなると何の為のサイレンなのでしょうか?
 どうか、対策をお願います。

県からの回答

  •  貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
     県では、弾道ミサイル落下時に県民の皆様がとるべき避難行動について、各戸配布の「福岡県だより」や県ホームページに掲載すること等により、周知を図っています。
     有事の際の県民の皆様への情報伝達につきましては、メールの他、屋外スピーカーや戸別受信機等、複数の手段により情報伝達を行う体制を整備するよう市町村に要請しています。
     今後も、県民の皆様へ的確に情報が伝達されるよう、市町村に対し、伝達手段の充実、強化を促してまいります
  • 総務部 防災危機管理局 防災企画課

ページの先頭へ戻る