県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/11/10
個人情報を提供して良い「公益上の必要」とは? (カテゴリ:教育・文化/その他)
 学校が保有する個人情報をPTAや後援会などへ提供する際の法令に、個人情報保護条例があります。
 多くの自治体で提供禁止の例外規定に「実施機関が公益上必要があると認めた時」という文言があります。
 この「公益上の必要」は学校だと教育委員会が決めるそうです。
 県立高校がPTAに情報提供する際に求める公益上の必要というのは例えばどんなことがありますか?
 小学校では「プール当番表は子供の名前の方が家庭状況が表れない」というのが公益上の必要だと回答がありました。
 福岡県から見て、この回答は公益上の必要を満たしますか?
 高校ではどのような「公益上の必要」をもって情報提供するのか例示を求めます。よろしくお願いします。

県からの回答

  •  御照会いただきありがとうございます。
     県立高校がPTAに情報提供を行う場合に、福岡県個人情報保護条例上の「公益上の必要」により提供することは、あまり考えられません。提供している場合は「本人の同意がある」等の理由により行っているものと考えられます。
     また、県立学校で、お問い合わせいただいています小学校と同様の事例が生じた場合には、情報提供に関する経緯や地域・家庭環境の実情等を精査し、有識者で構成する福岡県個人情報保護審議会の意見を聴いた上で、その情報提供について社会公共の利益を図るために必要かどうかを判断することとなります。
  • 教育庁 総務課

ページの先頭へ戻る