県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/07/06
選挙管理委員会は見える化の努力を (カテゴリ:行政/その他)
 選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法が2015年6月17日に成立した。政治参加の間口を広げ、シルバー民主主義から若い人の意見も吸い上げる意義ある改革である。
 あれから丸2年、県選管の動きが感じられない。日々の地道な広報活動があってこそ、投票率に繋がるだろう。

 選挙が有る時だけ街角で投票を呼び掛けるのではなく、常時、選挙の大切さについて小中校、大学、一般にも出前講座の受け入れを積極的に呼びかけ、「選挙管理委員会ここに在り」というほどの動きが欲しい。(学校関係なら、模擬投票の実施など)

 これ迄の定番は古いと思う。工夫がほしい。

 18歳選挙権が決まる前後から年齢に応じて関連本が次々と発行、参考書、読み物として分かり易い本が沢山出ている。図書館と連携してリストアップ、選管自身がそうした図書を自ら複数セット手元に置き、一定期間、学校等へ貸し出す等、選管の見える化・投票率アップへの常時臨戦態勢を、と強く望む。 

県からの回答

  •  貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。
     福岡県選挙管理委員会では、「有権者になるまでに知っておきたい『選挙』のこと ~なぜ投票に行かなければならないの?~ ~選挙運動について~」と題した県政出前講座を実施しています。
     主に、高校生や大学生などの若者を対象に、投票率や投票棄権理由など、現在の選挙を取り巻く状況を紹介し、投票に行く意義について説明しています。
     併せて、18歳未満の人が誤って選挙運動を行わないよう、インターネット選挙運動などで注意する事項について説明しています。
     このほか、「若者&選挙」という一般の社会人も参加できる啓発イベントを開催し、若年層が政治や選挙に関心を持つための機会を設けております。
     また、選挙啓発用DVDの目録を県内市区町村選挙管理委員会に提供し、研修会等で活用できるようにしています。
     今後とも、選挙の際だけでなく、常日頃から選挙啓発に努めていきますので、御理解と御協力をお願いいたします。
  • 選挙管理委員会

ページの先頭へ戻る