県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/01/06
山陽新幹線の博多、小倉間の新駅設置について (カテゴリ:住まい・交通/交通)
 以前から、山陽新幹線の博多駅と小倉駅の間に新駅を誘致しようとの動きがあるものの、未だに建設されてはいません。恐らく、JR西日本側の費用対効果が合わないとの理由によるのでしょうが、単に商業施設や住宅地をその新駅付近に建設するのであれば、採算がとれないと判断されるのも無理はないでしょう。もう遅いですが、私は新駅近くに現在の九州大学伊都キャンパスを誘致してはどうかと考えていました。九州新幹線ができたことによって、今の伊都キャンパスよりも、北九州や久留米、あるいは筑豊方面の人々のアクセスが良かったものと思います。そうしていれば、2万人以上の、いわば大企業ができることになったわけですし、JR西日本側にも現実的に考えてもらえたものと思います。
 今後に関しては、全く勝手な個人的見解ですが、JR西日本を説得するために、同じ関西圏の近畿大学福岡校を誘致してはどうでしょうか。福岡県が責任を持つという意味でも、福岡県立大学を誘致するという方法もあります。あるいは、土地が手狭になったり、施設が老朽化して建て替えが必要になったり、人口減少などで移転を模索している大学(福岡県に限らず、全国のという意味ですが)に働きかけるという手もあるかもしれません。大学ができ、若者が増えれば、地域が活性化することでしょう。用地の確保が難しいかもしれませんが、山陽新幹線と筑豊本線が交差する地点に新駅を設けることができれば、福岡、北九州、筑豊、久留米などからのアクセスがいい場所となります。
 石炭に代わる筑豊地区の活性化には、新幹線の新駅建設が必要です。九州新幹線が開業し、将来の長崎ルートともつながることを考えると、山陽新幹線の新駅の利便性がかなり向上するものと思います。こうした新たな視点で誘致を図ってみてはどうでしょうか。

県からの回答

  •  公共交通に関するご意見を頂きありがとうございます。
     山陽新幹線の小倉駅と博多駅間の新駅につきましては、以前から地域の方からの要望があります。
     しかし、新駅の設置につきましては、現在の仕組みではすべての経費を要請者(地元)が負担しなくてはならないことから、地元の直方市では厳しい市の財政を理由に事業を凍結した経緯があります。
     これまでも、直方市と協議を重ねてきたところですが、新駅設置については、国や事業者の支援がなければ実現困難な状況です。
     国では、地方創生のための大都市圏への学生集中是正方策という方針が示されていることから、このような動きも見て参りたいと考えています。
  • 企画・地域振興部 交通政策課

ページの先頭へ戻る