県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年12月28日
「行き過ぎた指導」を防ぐ工夫が欲しい (カテゴリ:教育・文化/教育)

小学校の給食指導で私語を我慢できない児童を「下の学年の席にすることで私語をさせない」といった児童の尊厳を傷つける形の指導があります。完食指導を優先するあまりに児童の意思決定の機会を奪っているのが気になります。学友と話をして時間内に完食できなければ、残すように指導したほうが優先順位を意識するようになると思います。

他にも「◯◯できないのは恥ずかしい」と恥をかかせようとしたり、「卒業させない」「進級させない」といった事実と異なる言葉を使った指導もあります。一斉指導からあぶれた児童に対する強硬的な指導の在り方に疑問です。もし、「そのようにしなければ指導できない」というのであれば「行き過ぎた指導」のヒヤリハットとして認知すべきだと思います。

県からの回答

貴重な御意見をありがとうございます。

県教育委員会として、研修会等を通じて児童生徒理解に基づいた適切な指導がなされるように努めてまいります。具体的な対応については学校または設置者である市町村教育委員会へ御相談ください。

御理解、御協力の程、よろしくお願いいたします。

教育庁 義務教育課

貴重な御意見ありがとうございます。

学校における給食の時間の指導は、児童生徒ひとりひとりの特性、例えば、食事の量、食べる速度、し好、食物アレルギー等に配慮し行われています。

今後も、児童生徒が楽しく食事をし、望ましい食習慣を身に付けることができるよう、保護者と学校が協力して児童生徒ひとりひとりに応じた指導を行うことが大切であると考えています。

御理解、御協力の程、よろしくお願いいたします。

教育庁 体育スポーツ健康課

ページの先頭へ戻る