県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年8月27日
「福岡県新型コロナウイルス医療従事者応援金」に関することについて (カテゴリ:くらしと環境/保健・医療)

※複数の方の御意見を集約しています

1.医療従事者への寄付金について

私は、福岡銀行の指定口座に新型コロナウイルス医療従事者応援金を振り込みました。他の都道府県では、寄付された方に何らかの通知(大阪府は感謝状)があったようですが、福岡県から入金確認の通知すらありません。県知事はじめ担当者の方々は、本当に県民にお願いする気持ちがあって、このような協力金を募集しているのでしょうか。大阪府のような感謝状が欲しいというのではなく、誠意には誠意で応えるのが、正しい県政ではありませんか。

金額の大小にかかわらず入金の確認があれば、尊いお金を責任を持って医療従事者に届けますと一言通知があるべきだと思います。正しく分配されていることを信じていますが、このような寄付金の取り扱いは非常に残念です。

2.「福岡県新型コロナウイルス医療従事者応援金」のための寄付の活性化及び当応援金の有効活用に関して

令和2年8月5日に福岡県より「福岡コロナ警報」が発動される中、医療従事者の日々のご苦労に思いを馳せ、敬意の念を抱くとともに、医療こそが新型コロナウイルス感染症に対しての最高にして最後の防衛ラインであることを再確認し、そのモチベーションの向上に資することを目的として、下記のことを提案します。

  1. 当応援金の内容をさらにさまざまなチャネルで知らしめることにより、より幅広く寄付を募る。
  2. 新型コロナウイルス感染症第2波の渦中にある中、即時性をもって、当応援金の活用を図る。

上記2に関しては、医療者一人当たりの金額が少額になったとしても、例えば福岡名産のスイーツを食していただくなど、訴求力のある有効な活用方法があるばずです。応援は相手が最も苦境にある時にこそ意味のあるものであり、事態が落ち着いてからでは効果が減殺されます。また、このようなアクションが周知されることで、スパイラル的な当応援金制度の活性化が図られます。

県からの回答

1.医療従事者への寄付金について

御意見をいただき、ありがとうございます。

福岡県新型コロナウイルス医療従事者応援金に御寄附をいただいたことに感謝申し上げます。

いただいた御寄附につきましては、御寄附いただいた皆さまの温かい気持ちを添えて、医療従事者の皆さまへしっかり届けさせていただきます。

御入金確認の通知は行っておりませんが、希望された方には預かり証を発行させていただいておりますので、県ホームページに掲載している必要事項を記載の上、下記メールアドレスまでメールで御連絡ください。

今後とも御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。

(参考)福岡県ホームページ「医療従事者を応援するための寄附を募ります」(外部リンク)はこちら。

(メールアドレス)hosomu@pref.fukuoka.lg.jp

新型コロナウイルス感染症対策本部 事務局
2.「福岡県新型コロナウイルス医療従事者応援金」のための寄付の活性化及び当応援金の有効活用に関して

御意見をいただきありがとうございます。

本県では、「福岡県新型コロナウイルス医療従事者応援金」について、県内の各世帯に配布しています「福岡県だより(令和2年7月臨時号)」への掲載、新聞広告、県広報テレビ番組での広報、県ホームページにおける福岡県ゆかりの著名人による医療従事者への感謝、応援メッセージの配信と併せた寄付の呼びかけ、JRと地下鉄の主要駅における駅貼りポスターや、「チラシの掲示」や「広報誌への掲載」を関係機関に依頼し周知していただくなど、県内外に幅広く周知を図ってきたところです。引き続き、周知に努めてまいります。

また、応援金の具体的な贈呈時期等につきましては、できるだけ早くお届けできるよう、関係団体と協議のうえ、決定してまいります。

今後とも御理解と御協力をお願いいたします。

保健医療介護部 保健医療介護総務課

ページの先頭へ戻る