県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年6月2日
休業要請の解除及び一部業種の要請延長について(新型コロナウイルス感染症関連) (カテゴリ:くらしと環境/保健・医療)

※多くの方々から類似の御意見をいただきました。その中の一部を掲載いたします。

1.スポーツジムでのマスク必着に関して

県内にあるスポーツジムにおいて、マスク着用が任意になりましたが、暑さと息苦しさにより、マスク不着用の人が多く散見されています。

「無症者」の人が顕在化していない中、北九州のようにクラスターが発生する可能性があります。県からスポーツジムに対して、マスク着用の協力要請をお願いします。クラスターが発生してからでは、遅いです。

2.食事提供施設における感染防止対策の徹底について

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた各施設の取り組みとして県が提示している「人と人との間隔は、できるだけ2メートル空ける」は、屋台や狭い店舗の場合はどうすれば良いのでしょうか。「マスクの着用(従業員及び入場者に対する周知)」の入場者とは、飲食している最中も口に運ぶ際以外はマスク着用ということでしょうか。

店舗の広さ、間取りなどを考えない机上の空論のように思えてしまいます。店舗の広さ、間取りに関係なく、努力次第で実現可能な内容にしないと、店舗側が徹底することを諦めてしまうと思います。感染防止対策が可能な物件を新たに探せというなら、引越し費用を含めた補助金が必要です。屋台のような規模のお店では、客数を3名以下にいないと対策が徹底できないと思います。

食事提供施設に限らず、現在の店舗で実現可能な、現実に即した対策の提案をお願いいたします。

3.今後の新型コロナウィルス対策について

特別緊急事態が解除されました。一歩前へ進んだ気がします。しかし、新型コロナウイルス感染はまだまだ油断できません。今回5月31日までの自粛要請が早めに解除できたのは、励みになります。次の目標を早めに設定しなくては、油断して第二波がくるかも知れません。

そこで、次の目標を早めに立ててほしいと思います。例えば、感染者が1週間で10人未満、ベッドの空き数が50%未満、コロナウィルスで入院している患者が1桁を目標にするなどです。また、解除後は、県外移動自粛を福岡県内から九州管内まで広げること、居酒屋やカラオケ等の営業は夜12時までに制限することなどが考えられます。

当然、身体的距離の確保、マスク等感染予防は徹底する必要があります。

4.緊急事態宣言の解除について

福岡県の保育園で働いていますが、緊急事態宣言の解除に大きな不安を抱えています。現場はまだ感染予防のマスクも消毒用のアルコールも不足しています。緊急事態宣言がでてから保護者の方に登園自粛にご協力いただけたことで、なんとか安全に保育するために必要な分のアルコールや人数分のマスクを確保することができました。

しかし、緊急事態宣言の解除となると会社に出勤する保護者の方も増えるため、登園する園児数も増加することが予想されます。マスクもアルコールも今の倍以上の量が必要となり、密の状態になり、到底園児や自分たちの命を守れるだけの対策が取れるとは思えません。

緊急事態宣言の解除の取り消し、または今後も収束または物品不足の解消、有効な確実性の高い治療法の確立に至るまでは出勤自粛、テレワークの推進を呼びかけていただけないでしょうか。命を守るための対策をどうぞよろしくお願いいたします。

県からの回答

1.スポーツジムでのマスク必着に関して

御意見ありがとうございます。

県民の皆様、事業者の皆様には、大変な御不便、御迷惑をおかけしていますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の取組みに御理解と御協力をいただきありがとうございます。

御意見のありましたスポーツジムにつきましては、緊急事態宣言が解除された5月14日以降も、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき休業協力を要請していたところですが、6月1日以降、要請を解除しています。

営業にあたっては、すべての施設において、「四方を空けた席配置」、「客の入れ替え時の適切な消毒や清掃」など、施設類型ごとの徹底した感染防止策を確実に講ずること、特に、国内においてクラスターが発生した施設については、厳重な感染防止策を講ずることをお願いしています。詳しくは、県ホームページを御覧ください。

なお、スポーツジム等の屋内運動施設に関しては、競技に応じて利用者のマスク着用を促すよう施設に対してお願いしているところですが、一方で、熱中症にも十分注意する必要があり、状況に応じた対応が求められます。当該施設に対しましては、適切な感染防止対策の実施について個別に要請してまいります。

引き続き、県内における感染拡大の状況等を踏まえながら、必要な新型コロナウイルス感染症対策を実施してまいりますので、御理解、御協力のほどよろしくお願いいたします。

(参考)福岡県ホームページ「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた各施設へのお願い(外部リンク)はこちら。

新型コロナウイルス感染症対策本部 事務局
2.食事提供施設における感染防止対策の徹底について

御意見ありがとうございます。

県民の皆様、事業者の皆様には、大変な御不便、御迷惑をおかけしていますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の取組みに御理解と御協力をいただきありがとうございます。

施設の種類ごとの徹底した感染防止対策につきましては、基本的かつ重要なものであると考えております。これらは一般的な目安として示したものであり、また、施設によっては構造等により実現が非常に困難な場合もあるかと思いますので、これらを参考としたうえで各施設の判断により徹底した感染防止対策を実施していただくようお願いします。詳しくは、県ホームページを御覧ください。

引き続き、県内における感染拡大の状況等を踏まえながら、必要な新型コロナウイルス感染症対策を実施してまいりますので、御理解、御協力のほどよろしくお願いいたします。

(参考)福岡県ホームページ「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた各施設へのお願い」(外部リンク)はこちら。

新型コロナウイルス感染症対策本部 事務局
3.今後の新型コロナウィルス対策について

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

5月14日に本県に対する緊急事態宣言が解除されましたが、第2波が襲った北海道や他国の例もありますので、解除後も気を緩めずに、自分、家族、周りの方と社会を守る行動を続けていただくよう、県民、事業者の皆様の御理解、御協力をお願いしているところです。

6月1日以降の対応として、主なものは以下のとおりです。

(北九州市以外の地域)

引き続き、感染防止の3つの基本である「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」など、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践を図ること。

  1. 外出の自粛について

    不要不急の外出自粛要請は解除する。なお、外出の際には、感染防止策を徹底するとともに、感染防止策が不十分な場所への外出は避けること。

  2. 催物(イベント等)の開催について

    県が示した開催制限の段階的緩和を目安に開催すること。なお、開催にあたっては、徹底的な感染防止策を講ずること。リスクへの対応が整わない場合は、主催者は中止または延期などの対応を行うこと。

  3. 施設の休業等について

    これまでの休業要請は解除する。開業するときには、徹底した感染防止策を確実に講ずること。

なお、北九州市内については、

  1. 当分の間、県内外を問わず不要不急の外出を控えること。
  2. イベントは6月18日まで開催を自粛すること。
  3. これまで国内においてクラスターが発生し、特に感染リスクの高い接待を伴う飲食店とライブハウスについては、6月18日まで休業について協力を要請する。

(北九州市での感染状況についての詳細な分析を行い、その結果が明らかになった場合、期日を早める場合もある)としております。

北九州市での対応を含め、詳細は、県ホームページを御覧ください。

また、県では、感染の再拡大に備え、医療提供体制確保の準備に入るための指標「福岡コロナ警報」を設定し、医療がひっ迫する恐れがある場合には、医療機関に対し、病床の準備など、受け入れ体制の整備を要請するとともに、県民、事業者の皆様がとるべき措置について検討を開始することとしています。

新型コロナウイルス感染症に関する情報につきましては、県ホームページに掲載していますので、そちらを御覧ください。

(参考1)福岡県ホームページ「緊急事態宣言の解除後の福岡県の対応」(外部リンク)はこちら。

(参考2)福岡県ホームページ「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」(外部リンク)はこちら。

新型コロナウイルス感染症対策本部 事務局
4.緊急事態宣言の解除について

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

5月14日に本県に対する緊急事態宣言は解除されましたが、解除後も感染拡大防止のため、県民の皆様には引き続き在宅勤務、時差出勤等を行うよう、御協力をお願いしているところです。

なお、緊急事態宣言の解除を受け、保育所については、原則開所とした上で、感染拡大予防の体制が整うまで、引き続き、可能な保護者に対する園児の登園自粛のお願いなどの対策について検討するよう、市町村に対して通知しています。

また、マスクにつきましては、県での購入、民間団体等からの寄付により確保して、保育施設を含む社会福祉施設等に順次配布しております。

そのほか、県で独自に手指消毒薬を購入して、同様に配布済みです。

今後とも、感染拡大防止の対策について、皆様の御理解と御協力をよろしくお願いします。

新型コロナウイルス感染症対策本部 事務局

ページの先頭へ戻る