県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年5月19日
県内の道路及び河川に係る御意見 (カテゴリ:住まい・交通/その他)

※複数の方の御意見を集約しています。

1.道路の段差箇所、大型車通行時に家屋内の振動発生について

主要地方道15号佐賀八女線(久留米市三潴町玉満)と西鉄天神大牟田線が立体交差する、跨線橋の北側車線橋梁の西側端部と道路との間に段差があります。その段差により、八女方面に向かう大型車両が通過する時、大型車両の後輪がバウンドし、跨線橋舗装面落下時に振動が発生しています。当該箇所付近にある自宅に1秒ほどで伝わり、建具のがたつき音に悩まされております。移住当初からその振動があり、最近はその頻度が増しているように感じられます。

跨線橋と西側道路面との段差は目測で15センチメートル以内のように見えますが、そこをわずか数十センチメートル程度の長さでアスファルトの擦り付けが施されてはいますが、全く意味のない擦り付けに見えます。擦り付けは10メートル程の長さで滑らかに行わないと振動の解消はできないと思われます。

また、道路の表面には多くの亀裂も見られ、部分補修で解消できるか、広範囲の改良を要するのか、現地調査の上、ご検討願います。

2.県道について

県道について要望があります。

  1. 県道21号線について
    土井から松島間は道が狭く、朝夕の時間帯の渋滞が酷いです。
    渋滞の酷い多々良周辺は小学校の通学路にもなっており、渋滞の車列を追い抜こうと歩道にバイクが乗り上げて走行し、子供と接触する事案も起きてますのでバイクが歩道に入れないようにするのと県道の拡幅を要望します。
  2. 県道24号線について
    香椎宮参道付近ですが鳥居が原因で道が狭くなる個所があり、路線バスや配送のトラック等大型車が通行する際、対向車線にはみ出さないと通れないため、鳥居の撤去及び立て替えを要望します。
    また、隣接するJR鹿児島本線の踏切で、タイミングが悪いと緊急走行中の警察及び消防車両が20分以上足止めされるのは問題だと思います。
    次に、土井付近ですが香椎方面から走ってきた際に右折車の渋滞で流れが悪くなるので警察と連携した上で時差信号にして欲しいです。
3.御笠川の汚臭について

コマーシャルモール裏の御笠川の排水が臭いので改善していただきたいです。川沿いを散歩をしていていつも残念に思います。川の生物のためにも綺麗な川になることを願います。

4.カヤックをもっと楽しみたい

カヤックを所持しており気軽に楽しみたいと思っているのですが、福岡県では野池やダムでは原則ボート類の使用は禁止であると知りました。

安全面やマナー等の問題であることは理解しているのですが、許可制等にしてもっと気軽にダムや池でカヤックやボートが楽しめるといいのにと思っております。

ご検討いただけると大変うれしいです。

県からの回答

1.道路の段差箇所、大型車通行時に家屋内の振動発生について

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

御指摘のありました跨線橋につきましては、現在、補修工事に向けた調査設計等の準備を進めているところです。

工事の際には橋梁前後の舗装補修も含めて実施する予定にしています。

今回の御意見を受けて、跨線橋補修に先行して部分的な舗装補修を実施することも視野に入れて、舗装補修の実施時期及び補修範囲の検討を進めてまいります。

今後とも、県民の皆様が安心して利用できるよう道路管理に努めてまいりますので、御理解と御協力をお願い申し上げます。

県土整備部 道路維持課
2.県道について

御意見をいただきありがとうございます。

御意見の県道の区間は、いずれも福岡市内の区間と思われますので、これらの区間の整備及び管理を行っている福岡市東区役所維持管理課に情報提供しています。

今後とも、本県の道路行政に御理解と御協力をお願いいたします。

県土整備部 道路維持課
3.御笠川の汚臭について

貴重な御意見をいただきありがとうございます。

県では、管理河川を定期的に巡視しています。御意見をいただき、この度改めて当該付近を現地確認しましたが、その際は特に悪臭と感じる臭いはありませんでした。

当該箇所には、御笠川浄化センターの処理水放流口があります。同センターでは処理水の臭気や水質に異常がないかを監視しており、水質は関係法令を遵守したものとなっております。下水道担当部局に今後も御笠川浄化センターの処理水の臭気や水質に異常がないか監視を継続するよう申し伝えておりますので、御理解をお願いします。

県土整備部 河川管理課
4.カヤックをもっと楽しみたい

貴重な御意見をいただきありがとうございます。

ダム湖及びその周辺は、地域住民の憩いの場として活用されている自然豊かな、水と緑のオープンスペースです。そのため、ダム湖をカヤックなどの水上スポーツやレクレーションの場として利用することは、地域振興のための有効な方策の一つと認識しております。

一方で、その利用に当たりましては、ダム設備の管理や運用に支障をきたさないことや、ダム湖の水質に悪影響を及ぼさないこと、そして、水難事故の防止といった利用者への安全対策にも留意する必要があります。

ダム湖周辺自治体の意向も踏まえ、ダム湖の利用の在り方について、他県における事例も参考に検討してまいります。

今後とも、御理解と御協力をお願いいたします。

県土整備部 河川管理課

ページの先頭へ戻る