県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年4月4日
新型コロナウイルス感染症対策のための外出自粛について (カテゴリ:くらしと環境/保健・医療)

※多くの方々から類似の御意見をいただきました。その中の一部を掲載いたします。

コロナウィルス感染対策のための平日の外出自粛依頼

福岡県より感染者数の少ない岐阜県が、本日(4月4日)、2週間の平日の外出自粛規制を発表しました。内容も非常に簡潔で分かりやすく、県民を守る意思を感じました。

休日の外出自粛要請だけでは意味がありません。平日、会社に行かなくてはならない人も多くいます。緊急事態宣言までとは言いませんが、より強い意志のある対策(平日の外出自粛や若者への不要不急の外出の喚起)を県民に呼び掛けてください。

福岡市の学校が休校になったにもかかわらず、習い事や学習塾も通常通りです。これでは意味がありません。今が感染拡大の瀬戸際だと思います。

明確なより行動制限の要請をどうかよろしくお願いいたします。

県からの回答

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

4月7日、国は、福岡県に対し「緊急事態宣言」を行いました。これを受け、県では、5月6日までの間、新型コロナウイルス感染拡大にかかる緊急事態措置を実施していくこととしています。

県民の皆様には、外出を控えていただくなど、以下10の項目についてお願いしています。

  1. 生活の維持に必要な場合を除き、外出を控えていただくこと
    ※生活の維持に必要な場合とは、医療機関への通院、食料、医薬品、生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外での運動や散歩などをいいます。
  2. 職場への出勤は、外出自粛の要請の対象としませんが、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤など人との交わりを低減していただくこと
  3. 不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することは、まん延防止の観点から、極力避けていただくこと
    なお、都市封鎖(ロックダウン)とは異なるものです。
  4. 換気の悪い「密閉空間」、多数が集まる「密集場所」、間近で会話や発声をする「密接場面」、これらの集団感染のリスクを高める3条件が同時に重なることを回避していただくこと
  5. 感染の拡大につながるおそれのある催物(イベント)開催を控えていただくこと
  6. 手洗いの励行や咳エチケットに努めていただくこと
  7. 飲食料品や生活必需品の小売店等生活に必要な事業は継続されるため、食料及び医薬品や生活必需品の買い占め等をしないこと
  8. 新型コロナウイルスの感染症を疑った場合は、保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談していただくこと
  9. 発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず事前に電話で相談していただくこと
  10. 海外の渡航について、外務省の勧告及び指示に従っていただくこと

さらに、4月14日より新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令第11条に規定する施設(社会生活を維持する上で必要な施設等を除く)に対する特措法第24条第9項に基づいた使用停止の協力を要請するとともに、これに該当しませんが使用停止が望ましい施設に対する特措法によらない使用停止の協力を依頼しているところです。

詳しくは、県ホームページ「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」をご覧ください。

今後も状況に応じた感染拡大防止の取組を実施してまいりますので、御理解御協力のほどよろしくお願いします。

(参考)福岡県庁ホームページ「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」(外部リンク)はこちら。

新型コロナウイルス感染症対策本部 事務局

ページの先頭へ戻る