県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2020年3月26日
新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する対応について (カテゴリ:くらしと環境/保健・医療)

※複数の方々からの御意見を集約しています。

1.パチンコ店や風俗店の営業停止について

パチンコ店は、閉鎖空間に多数の人がいて、また機械も多数の人が触るので非常に感染リスクが高いため、営業停止にするべきです。

また、風俗店も営業停止にするべきです。

2.花見の自粛要請について

昨今の新型コロナウイルス対策について、花見の自粛を要請する旨を報道で見ました。現在小中高校生に対して休校要請が出されていますが、濃厚接触をしないのであれば外出を認めているようです。家族単位の花見は駄目なのですか?

家族でする花見を規制する具体的法的根拠をご教示下さい。

ただ、こちらも新型コロナウイルスの感染拡大を望んでいるのではありません。感染拡大を抑制しながら経済活動の停滞を防ぎたいと思っています。

3.ドラッグストアにおける消毒液の設置について

福岡市に本社のあるドラッグストアについてです。

各店舗入り口に手指消毒薬の設置がありません。

店舗担当者に問い合わせた所、明確な回答を頂けませんでした。

クラスター感染防止のためにも、どうか行政指導をよろしくお願いします。

4.新型コロナウイルス感染防止に関する独自の対応について

本州以北の大都市圏で新型コロナウイルスの感染者が急激に増加、次は福岡ではないかと憂慮しています。

しかし政府の方針に盲目的に従っているだけでは、それは感染者が増えることを、ただ待っているのと同じかもしれません。

感染者が大幅に増えてからではなく、その前に、自治体として独自の対応を一日でも早く始めるべきではないでしょうか。

検査を少なく抑えるのではなく、逆に増やして早期発見、早期治療を促し感染拡大を抑えた「和歌山モデル」など他の自治体も参考になるかと思います。

感染者が大きく増えないまま終息するのをただ待っているだけなら、とても危険です。

犠牲者が出てから何かを始めても、手遅れです。

5.地元メディアを通じた情報発信について

人口が多い他の都道府県で新型コロナウイルスの感染者や死者が増え続け、福岡でも徐々に増加。

しかし地元自治体には、現状をどう捉えているのか、地元での感染拡大に備えているのか、どんな準備を進めているのか、そうした動きが見えない。

陽性者判明の会見やホームページ、政府及び厚労省方針への追従だけでなく、地元メディアを通じて「自治」体としての姿勢を広く伝えてほしい。

県からの回答

1.パチンコ店や風俗店の営業停止について

貴重な御意見ありがとうございます。県では、1月30日に知事を本部長とする対策本部を立ち上げ、関係各課が連携し、感染拡大の防止に全力で取り組んでいます。

県民の皆さまに対しては、ホームページや関係団体等を通じ、発生状況等の情報提供を行っています。また、感染拡大を防ぐために、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けるよう呼び掛けております。

今後とも、感染拡大の防止に取り組んでまいりますので、御理解のほどお願いいたします。

保健医療介護部 がん感染症疾病対策課
2.花見の自粛要請について

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止を図るため、花見時期の宴会の自粛のお願いをしているところですが、あくまでもお願いであり、法的根拠はございません。

専門家の間で感染拡大リスクが高いのは、「対面で人と人との距離が近い接触が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境」と考えられていることから、今回のお願いは、まとまった人数での宴会の自粛をお願いしているものであり、少人数での飲食の自粛を求めるものではございません。

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、御理解と御協力をお願いします。

建築都市部 公園街路課
3.ドラッグストアにおける消毒液の設置について

貴重な御意見ありがとうございます。県では、1月30日に知事を本部長とする対策本部を立ち上げ、関係各課が連携し、感染拡大の防止に全力で取り組んでいます。

現在、消毒薬の供給不足が生じています。

県民の皆さまに対しては、ホームページや関係団体等を通じ、発生状況等の情報提供を行うとともに、感染予防のために、外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗うことを呼び掛けています。また、集団感染を防ぐために、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けるよう呼び掛けております。

今後とも、感染拡大の防止に取り組んでまいりますので、御理解のほどお願いいたします。

保健医療介護部 がん感染症疾病対策課
4.新型コロナウイルス感染防止に関する独自の対応について
5.地元メディアを通じた情報発信について

貴重な御意見ありがとうございます。

県では、1月30日に知事を本部長とする対策本部を立ち上げ、関係各課が連携し、感染拡大の防止に全力で取り組んでいます。

県民の皆さまに対しては、ホームページや関係団体等を通じ、発生状況等の情報提供を行っています。また、健康相談や医療機関の受診、中小企業者、小規模事業者の経営及び資金繰りなど、内容に応じた各種相談窓口を設置し、皆さまからの相談に応じています。

今後とも、感染拡大の防止に取り組んでまいりますので、御理解のほどお願いいたします。

保健医療介護部 がん感染症疾病対策課

ページの先頭へ戻る