県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2019年11月25日
ハラスメントに対する認識とモラル (カテゴリ:行政/職員)

先日、夜の吉塚駅で、耳を疑うような発言を耳にしました。

会話の内容からして、県庁の職員でしょう。50代後半ぐらいの男性2人でした。

「最近は、精神を病んでいる人が多い」「打たれ弱い」「暇だから傷つくんだ。忙しいと傷つく暇なんてない」などと、酒に酔っているからか、大声で笑いながら駅に向かっていました。

そして、お決まりの「俺たちの若い頃は」という話。

50代にもなってそのような偏った考え方、精神を病んでる人たちをひとまとめにして軽んじる考え方。民間や県民の手本になるべき県職員が、そのようなことでいいんでしょうか。

職員さんでなくとも、様々な事情で精神の病と闘ってる県民たちを馬鹿にしていますよね。心底腹が立ちました。

そんな理不尽極まりない上司がいるから、懸命に仕事している部下や若い人たちが次々と精神を病むのではないですか?

人間としての意識改革及び教育をお願いします。

県からの回答

御意見をいただきまして、ありがとうございます。

本県では、県職員が県民全体の奉仕者であることを常に自覚し、良識ある行動をとるよう、研修等の機会を捉えて指導しているところです。

今後とも、勤務時間の内外を問わず、自らの行動により県民の不信を招くことのないよう、職員に対し指導を行ってまいります。

総務部 人事課

ページの先頭へ戻る