県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2019年10月15日
いじめ問題の認知と対処の周知徹底を求めます (カテゴリ:教育・文化/教育)

神戸市にある東須磨小教員間いじめ問題がニュースになっています。被害教員が子供たちに向けたメッセージに「助けを求められず体調を崩してごめんなさい」というものがあります。報道では被害教員は管理職に相談していたが、前校長は対応しなかったことや、現校長に引継ぎしなかったこと等の初動のミスがあります。

現行制度の生徒用の「いじめアンケート」を教職員にも実施すれば、東須磨小の問題は被害教員が体調を崩す前に認知できたのではないかとも思えますが、実際にはアンケートは配布するだけでどういうことを書くかは本人に任せているようです。

これでは、いじめ問題が福岡県下で行われても、認知まで時間がかかり、認知してからも対処を誤るように思いました。

そこで、以下2点を福岡県に求めます。

  1. 被害者が訴える手段の整備
  2. 事後対応の周知徹底

県からの回答

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

所属長には、風通しの良い職場環境づくりのために、朝の挨拶をはじめとする日頃の声かけや短時間のミーティング、職員の個別面談などを実施するよう通知しています。特に個別面談では、日常業務や私生活上の悩みや困りごとの相談にも応じ、適宜、助言等を行うよう、研修会や通知等でその徹底を図っているところです。

また、県立学校については、パワーハラスメント及びセクシュアルハラスメントに関し、職員から県教育委員会に直接相談できる窓口を設けており、市町村立学校については、教職員が在籍する学校の学校経営や教職員の管理及び指導等に関する意見等を市町村教育委員会に提言できる「提言シート」を配付するなど、教職員の声を学校経営等に反映できるようにしています。

さらに、県教育委員会では、県内7カ所に教職員カウンセリング室を設置しており、教職員の職務に関する悩み等の相談に応じているところです。

不祥事に対する事後対応については、通知等により綱紀の厳正な保持、服務規律の確保に努めるよう周知徹底しています。

今後、こうした取組がより実効性のあるものとなるよう、引き続き取り組んでまいります。

教育庁 教職員課

ページの先頭へ戻る