県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2019年8月19日
委託契約について (カテゴリ:仕事・産業/職業・労働)

民間の専門学校に職業訓練事業を委託している場合、訓練生の除籍や退学について、福岡県と専門学校の間でどのような取り決めになっているのですか。

巡回指導の専門員が存在すると聞いた事がありますが、役割を教えて下さい。また、訓練生を卒業まで導き、一日も早く技術を身につけて就職してもらうために、県の職員と委託先の職員がする仕事とは、何でしょうか。

学校で、生徒間のトラブルが起きた場合、どのような過程を経て問題解決をするのですか。

県からの回答

民間の教育訓練機関に委託して行う職業訓練(委託訓練)の訓練生の退校処分については、委託先事業所との取り決めはなく、処分の対象となる行為に関して福岡県公の施設の設置及び管理に関する条例に規定する退校要件に該当するかどうか高等技術専門校長が判断します。なお、訓練生から退校願が提出された場合は、福岡県職業能力開発促進条例に基づき校長が許可することにより退校となります。

委託訓練の訓練生の早期就職を図るため、各高等技術専門校に巡回就職支援等指導員を配置し、就職支援に関する委託事業所の指導及び助言や事業所への求人情報の提供等を行います。なお、委託訓練における役割分担について、訓練実施や就職支援は委託先事業所が行いますが、訓練の運営管理は県(高等技術専門校)が行います。

委託訓練の訓練生の間でトラブルが発生した場合、まずは委託先事業所において解決を目指しますが、訓練の実施管理に影響を及ぼす場合は、訓練の円滑な実施を図るため高等技術専門校が委託先事業所とともに問題解決を図ることもあります。

福祉労働部 労働局 職業能力開発課

ページの先頭へ戻る