県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2019年5月1日
行政発信の「日本語の曖昧さ」を改めて欲しい (カテゴリ:行政/県行政一般)

行政からの発信については、外国人にも分かる水準にまでかみ砕いて説明することが求められるのですが、その表現において、日本語母語話者でも説明できないものがしばしば見られます。

「詳細を把握していないので回答できない」

これはどういう意図で表現されているのでしょうか?

「現時点では回答できない(10日程度では詳細把握するのは無理で、調査に時間が掛かるから次の機会には備えておく)」のか、「把握するつもりはないから今後も回答しない」という意味なのかわかりません。

同じような表現に「事実確認するのは難しい」といった「~するのは難しい」という表現もよく見聞きします。「当事者の電話番号が分からない」「電話で話を引き出す話術が無い」「調べる気が無い」「法令により調べる行為が違法になるから調べられない」という風に、いろいろな意図が想定されますが、意図を明らかにすることを求めると回答を拒否されます。そういう態度は好ましくないように思います。

外国文化のバックボーンを持つ人に対して親切な表現伝達をすることは、日本語文化で育った県民に対しても誤解の余地の少ない良いサービスになると思います。

県からの回答

御意見をいただき、ありがとうございます。

県政提案メールに関する御質問かと存じます。

県政提案メールにつきましては、担当課において回答を作成し、県民情報広報課から当該回答内容を御提案者にお送りしています。

このため、回答に対し御質問や御意見がある場合は、回答を作成した担当課に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。

今後とも県政への御理解、御協力を賜りますようお願いいたします。

総務部 県民情報広報課

ページの先頭へ戻る