県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年11月17日
講師を育てる意識が低いのは学校の課題ではありませんか? (カテゴリ:教育・文化/教育)

福岡県教育委員会の人材観について質問します。県立高校には少なくない割合で非常勤、常勤講師が居ます。中には何年も教員採用試験を受けている人も居ます。

  1. 採用水準に満たない講師を何年も現場に供給するのは児童生徒に提供する教育の質が向上しないので良くないのではありませんか?
  2. 講師として任用してる期間に採用水準まで人材育成できていない各学校の教育システム、教育委員会主催の研修について再考の余地があるのではないでしょうか?端的に言うと(例えば免許更新講習のように)研修の内容や定着まで責任を負ったほうが良くありませんか?

責任を持って育てるか、責任を負わないから水準に満たない講師は何年も講師登録させないか。

福岡県教育委員会の立場をはっきりさせて「講師の使い潰し(講師は消耗品)」と言われない、言わせないように取り組んで欲しいです。

県からの回答

貴重な御意見をいただきありがとうございます。

本県教育委員会におきましては、正規教員が欠員の場合や育児休業等の場合に、その都度、各学校において、勤務歴や教員免許状、専門分野等について面接を行うなど適切な選考手続きにより、講師等を臨時的に任用しているところです。

このため、県内公立学校で講師等が必要となった場合に備えて、事前に登録していただく臨時教員等登録制度を実施しており、講師経験の豊富な方を含めた多様な人材を幅広く募集することが重要であると考えております。

また、講師等を対象とした研修としては、学習指導や生徒指導等に関する県教委主催の研修会や県教育センター主催の研修会を実施しているところです。

今後とも、講師を含め教員の適切な人材の確保と資質向上に努めてまいりたいと考えております。

教育庁 教職員課

ページの先頭へ戻る