県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年11月16日
航空機の騒音の解消 (カテゴリ:住まい・交通/その他)

福岡県外から昨年転居してきて空港周りの騒音(轟音)と街の直下を低空で旋回などをする際の安全性に大変問題があると思うのですが意外と空港公団、県及び市があまりにも無頓着には驚かされています。事故が起きてからでは遅いです。昨今は何があっても可笑しくない時代です。新しい滑走路をつくるとか空港ビルを改装して便数を増やす等の話ばかりで騒音などに悩んでいる住民が置いてきぼりになっています。

公共性はわかるのですが安全性が最優先されるのが第一が普通な考えだと思いますが、どちらかと言うと商業性が強調されています。

はっきり言って一般の住民軽視です。問題の解決策も過去に検討されてはいるようですが現状維持で無策といっても過言ではありません。夜の10時過ぎまで騒音にさらされている身にもなってください。24時間空港も視野に入れ、100年後の姿を考えて対処していただきたい。

対策としては関西地域の空港のやり方を参考にするとか北九州空港との連携を密にすると導きだせることがあるはずです。

宿泊税じゃないですが福岡市だけが良いとか勝手なことではなくて県主導の行政をしっかりやっていただきたいと期待しております。

県からの回答

貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。

県では、航空機による騒音問題等の空港周辺地域における環境対策について、空港周辺住宅の防音工事補助金助成等、国、福岡市、その他関係機関と連携して、取り組んでおります。

航空機の安全運航の確保においては、国により航空会社へ安全管理規程の作成と届出が義務付けられているなど、体制が強化されております。

現在、過密化対策のため滑走路増設、平行誘導路二重化事業が進められており、県としましては、航空機の運航の安全対策や騒音対策について万全を期すよう国に対して強く求めているところです。

来年4月からは、民間委託による福岡空港の運営が開始されますが、運営会社である福岡国際空港株式会社より、福岡空港の発着枠を超える就航希望航空会社に対して北九州空港への誘導をするという北九州空港との連携に関する提案がなされており、県としてはこの実現に向けて協議を進めてまいります。

また、民間委託後においても、引き続き、福岡空港の実情を十分に踏まえ、安全対策、環境対策について万全を期すよう、国や福岡国際空港株式会社に対して責任ある対応を求めてまいります。

今後とも県の取り組みへの御理解と御協力を賜りますようお願いいたします。

企画・地域振興部 空港対策局 空港整備課

ページの先頭へ戻る