県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年8月8日
障がい者申請について (カテゴリ:くらしと環境/障がい者)

家族の障がい者申請をする為、必要な書類を集めています。その必要書類の中で『写真』とありますが、術後でまだ動けない状態の中で写真を撮るのは難しく、全てが揃わないと申請を受け付けてもらえません。認定を受けるまで数か月かかるのであれば、認定結果が出るまでに写真を用意・提出という柔軟な対応が出来ないのでしょうか?患者には、それぞれ状況というものがあると思います。

県からの回答

この度は貴重な御意見をありがとうございます。

今回御意見頂きました障がい者申請について身体障害者手帳に係る申請と伺いました。

まず、身体障害者手帳につきましては、身体障害者福祉法施行規則第2条の規定に基づき交付するもので、申請書類は、申請書、診断書・意見書、写真となっており、全て揃えたうえでお住まいの市町村の障がい福祉担当部署に提出していただくことになっています。

これは、障がい程度の認定に関して、申請書や診断書・意見書の内容を審査すると共に、写真が公的証明として利用されることが多い障害者手帳に貼るものとして適当かどうかを確認させていただくためです。

なお、写真は、申請から1年以内に撮影されたもので、縦3cm×横4cmのもの、上半身で無帽のものを提出していただいています。

今回、術後での写真撮影が難しいとのことですが、1年以内に撮影された術前等でのお写真での申請も可能でございますので、そうした写真がお手元にございましたらそちらをご準備くださるようお願いします。

身体障害者手帳の交付について御理解と御協力をお願いいたします。

福祉労働部 障がい福祉課

ページの先頭へ戻る