県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年9月30日
県庁舎の受動喫煙対策について (カテゴリ:くらしと環境/保健・医療)

東京五輪・パラリンピックを前に、受動喫煙の環境改善が進められており、厚生労働省では職場の受動喫煙防止対策は事業者の努力義務とされています。また、対策の実施後は効果を確認し、必要に応じて対策の見直しを行うこととされています。

先日、県庁に伺った折り、廊下や室内のタバコの匂いが大変気になりました。

職員の方にお尋ねしたところ、屋外に喫煙所があるものの、その煙が廊下の窓から室内まで入ってきてしまうとのことでした。

これでは、せっかくの受動喫煙対策が意味を成していないのではないでしょうか。

職員の健康増進に留まる話ではなく、妊婦や子連れの方が出入りすることも少なからずあるはずです。

喫煙所のタバコの煙が廊下の窓から庁舎内に入ってこないよう、喫煙所の移動などの対策をお願いします。

また、受動喫煙の防止については、直接煙が来る「二次喫煙」だけでなく、「三次喫煙」までを考える必要があるのではないでしょうか。

奈良県庁では、三次喫煙防止のために喫煙後の一定時間はエレベーターは使用禁止とされているようです。

福岡県庁でも、ぜひ検討いただけないでしょうか。

(参考1)職場の「受動喫煙防止対策」は事業者の努力義務です(外部リンク)はこちら。

(参考2)職場での受動喫煙 その1「職場での受動喫煙のパターン」(外部リンク)はこちら。

(参考3)愛煙家は45分我慢 奈良・生駒発、エレベーター使用禁止の余波はこちら。

県からの回答

貴重な御意見をいただきありがとうございます。

喫煙所につきましては、ドアの開閉時に煙が流入しているとの声を受け、ビニールカーテンを設置して対応しているところです。

今回ご指摘のタバコの煙が廊下の窓から庁舎内に入る点につきましては、中央での喫煙徹底や喫煙所近辺の窓を閉めることを呼び掛ける対応で流入の防止を図っていきます。

なお、健康増進法が改正され、施設等の一定の場所を除き喫煙を禁止するなどとされましたが、今後整備される政省令等を確認の上、必要な喫煙所の整備を行っていきます。

また、三次喫煙防止につきましては、関係機関と協議を行っていきます。

総務部 財産活用課

ページの先頭へ戻る