県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年9月13日
日本語指導に予算を割いてください (カテゴリ:教育・文化/教育)

福岡市では日本語教師の募集をして大変盛況だったと聞いています。

福岡県下の小中学校でも日本語教育の知見を有する教諭の配置はさらに高まっていくと思いますが福岡県の採用枠で計画してないのでしょうか?

兄は英語ができたため、教委は急きょ英語の非常勤講師を雇って対応したが、それも予算の都合上、一カ月限定。その後はわずかな謝礼で年度末まで有償ボランティアとして支援してもらった。学校や地元教委は県教委に日本語指導教員の配置を求めたが、かなわなかった。

といったケースで配置できるように人材を抱えておく必要があるのではないでしょうか。または対応できない場合に備えて学校が独自に予算を獲得できるような仕組みが望まれます。ボランティアで対応させるのは好ましくないのできちんと報酬が払われる正規の仕事として日本語指導を位置付けてください。

よろしくお願いします。

(参考)西日本新聞 いまどきの学校<1>外国人指導 進む国際化、教師は模索(外部リンク)はこちら。

県からの回答

福岡県では、市町村教育委員会と協議しながら、日本語指導教員の配置を行うとともに、適切な指導が行われるよう、日本語指導担当教員に対する研修の充実に努めているところです。

今後も、外国人児童生徒が適切な指導を受けられるよう、教員の効果的な配置と研修の充実に努めてまいります。

教育庁 教職員課

ページの先頭へ戻る