県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年3月25日
県立高校の学区について (カテゴリ:教育・文化/教育)

いつも県政運営にご尽力いただきありがとうございます。

ところで、本県県立高校は基本的に通学区域が設定されていますが、このことについて残念に思ったことがありましたので、意見を述べさせていただきます。

私は第4学区の宗像市在住の中学3年生です。ここからですと、隣接する第3学区の東筑高校へは容易(30分以内)に行くことができます。しかし、学区が違うため受験することができませんでした。

一方で、芦屋、岡垣、遠賀の3町は、第3学区に属するにもかかわらず、私たち第4学区の宗像高校へ入学できます。

これは不平等に感じますし、宗像市民からすると、十分通学可能な高校が近くにあるのに入学はできないというのは残念なことです。

ここまで、私の経験をあげましたが、県内では他にもこうした地域があるのではないかと思います。

県の皆さま方には、柔軟な通学区域の設定を望みます。

よろしくお願いいたします。

県からの回答

このたびは、本県教育行政への貴重な御意見をいただきありがとうございます。

まず、本県の通学区域制度(学区制)について御説明させていただきます。

本県の学区制は、昭和47年に、それまでの1校1学区(小学区制)から、複数の高校から選択して受験できる制度に改正(学区拡大)され、現在は県内に13の学区が設定されております。この制度が定められる際、それ以前から志願できていた高校が新しい学区制度の下でも、引き続き志願できるように特例的な取扱がなされています。

そのため、芦屋、岡垣、遠賀の3町は第3学区にありながらこの取扱により昭和47年以前と同様に宗像高校が志願できるとされています。

今後も、真に生徒・保護者・地域の方々のための学区制度となりますよう、出願可能な地域の追加など、社会情勢の変化等を踏まえた対応を行ってまいりますので、御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。

教育庁 高校教育課

ページの先頭へ戻る