県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2018年1月30日
【ワーキングマザー歴10年】第三子保育園落選 (カテゴリ:仕事・産業/職業・労働)

私ども夫婦は、結婚後、途切れることなく正社員の共働きを続けてまいりました。

この度、第二子がお世話になっていた保育園に第三子の入園を希望しましたが、叶いませんでした。一番の敗因は第二子と第三子が入れ違い、兄弟児のポイントなるものが加点されなかったことです。兄弟児をもうけるには、そんなことも考えて計画しなくてはならないのでしょうか?とても不公平に感じます。人生、計画通りに行くとは限りません。

もう一つは時間短縮勤務によるポイント加点不足だったようです。私の勤務先は小規模ながら、県が推進する「子育て応援宣言」の協賛企業です。企業努力としての一環として、時間短縮勤務を許可していただいたにも関わらず、それも一因で保育園に入れませんでした。矛盾と大きな憤りを感じています。

今回の事態に職場も大変動揺させてしまっています。小規模企業です。私の復職ありきで次年度の事業計画がなされております。

それで今回、保育園の二次募集に応募するにあたり時間短縮勤務の撤回ということになってしまいました。それでも保育園入所が叶わなかった場合、10年以上続けてきた正社員の仕事を40歳目前で手放さなくてはならないのでしょうか?

申請書上の情報、ポイントだけで判断するやり方はどうでしょう?申請書では分からない残業だってあります。通勤も往復3時間以上はかかっています。私が住む地域は交通の便が非常に悪く、片道2時間以上バスに缶詰になったこともあります。職場もそれも鑑みての時間短縮勤務の許可でした。

どうぞ、個々の家庭の事情、兄弟の数などに寄り添ったご判断をお願いいたします。

県からの回答

保育所入所にあたりましては、昨今の保育ニーズの高まりから、県内でも地域によっては待機児童が発生しており、保育所さがしで御苦労されていることと存じます。

保育所の入所等に関しましては、実施主体の各市町村において、保育の申込受付や施設の利用調整、利用可能な施設のあっせんなどが行われております。また、保育ニーズを把握した上で必要に応じて、施設の新設や定員変更等の検討を行っております。

保育所を利用するに当たっては、個々の保育の必要な事由を踏まえ、多様な働き方や実態等に応じて保育の必要性の認定が行われております。認定の内容等については市町村担当部署にご相談ください。

また、市町村が入所する保育所の調整を行った結果、希望園への入所が叶わなかった場合に、その時点で空きのある保育所を紹介されることもありますので、その他の保育所についてもご検討いただければ幸いです。

県といたしましては、増大する保育需要に対応するため、市町村と連携し、施設整備や保育士確保等の待機児童解消に向けた取り組みを行ってまいります。

福祉労働部 子育て支援課

ページの先頭へ戻る