県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/11/03
生活保護の等級・金額の見直し (カテゴリ:くらしと環境/社会福祉)
 もともと生活保護受給者は、若いころからどんな働き方をしたのか疑問。将来に向けて貯蓄や投資をしてこなかった人達に税金を投入する必要があるのか。さらに非正規やバイト収入以上の生活保護費を支給するのは言語道断。ただちに現在の保護費から一律30%の減額を行うよう求める。

県からの回答

  •  生活保護は、生活保護法により同法の定める要件を満たす限り、無差別平等に受けることができることになっております。
     保護の申請がなされた時には、その理由を問わずに、申請された方が法の定める要件を満たしているか、資産、稼働能力、扶養義務及び年金等他の制度の活用状況など、個別に調査を行い、保護の適用を検討することになります 
     また、生活保護の基準は最低生活を保障するものとして、年齢、世帯人員、地域差、物価動向を踏まえ、厚生労働省が示すことになっております。
     このような生活保護制度について、御理解をいただきますようお願いいたしますとともに、今後も、生活保護の適正な運用に努めて参ります。
  • 福祉労働部 保護・援護課

ページの先頭へ戻る