県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/08/27
学校の鍵の開け閉めと超勤4項目との関係は? (カテゴリ:行政/職員)
 学校の日直(朝の鍵開け、夜の鍵閉め)は朝練や朝課外、部活が勤務時間外なので時間外労働になると思うのですが、県立高校では普通に当番を回しています。
 日直の仕事は超勤4項目に該当しないと思うのですが、どのような根拠を持って教員に日直をさせているのでしょうか。
 また、各学校で定められている完全下校時刻が教員の定時退勤時刻より遅いのも理解できません。部活の練習には顧問が付きそうようにというガイドラインも出ています。これらは暗に残業を求めているように受け取れます。
 教員のリソースは授業に集中すべきです。教員免許の求められない仕事を教員に求めるのは人材の使い方として望ましくないと思います。

(参考)『超勤4項目』:
1 教育職員については、正規の勤務時間の割振りを適正に行い、原則として時間外勤務を命じないものとすること。
2 教育職員に対し時間外勤務を命ずる場合は、次に掲げる業務に従事する場合であって臨時又は緊急のやむを得ない必要があるときに限るものとすること。
イ 校外実習その他生徒の実習に関する業務
ロ 修学旅行その他学校の行事に関する業務
ハ 職員会議(設置者の定めるところにより学校に置かれるものをいう。)に関する業務
ニ 非常災害の場合、児童又は生徒の指導に関し緊急の措置を必要とする場合その他やむを得ない場合に必要な業務

県からの回答

  •  貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。
     学校の施錠・解錠の運用については、実情に合わせた効率的な方法を学校内で検討していくべきものと思います。
     部活動の練習については、運動部活動での指導のガイドライン(文部科学省)において、「運動部活動中、顧問の教員は生徒の活動に立ち会い、直接指導することが原則ですが、やむを得ず直接練習に立ち会えない場合には、他の顧問の教員と連携、協力したり、あらかじめ顧問の教員と生徒との間で約束された安全面に十分に留意した内容や方法で活動すること、部活動日誌等により活動内容を把握すること等が必要」とされており、福岡県運動部活動運営の指針(福岡県教育委員会)でも同様の内容が示されております。ただし、部活動の時間については、生活とのバランスを考慮し、休養日を適切に設定するよう示されておりますので、これらの指針等に沿って、各学校において適切に時間設定をするよう周知してまいります。
  • 教育庁 教職員課
    教育庁 体育スポーツ健康課

ページの先頭へ戻る