県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/08/23
住宅計画課職員の対応について (カテゴリ:行政/職員)
 福岡県主体の「住まいの健康診断」利用と申請で、民間住宅ローン金利優遇制度の許認可を頂く事が出来るので、申請から承認までの期間について7月5日に事前確認のため訪問しました。その際、男性職員から1週間程度必要と説明を受けました。
 その後、申請に7月21日に再訪問した所、女性職員から、提出した住民票を元に県警へ毎週火曜日に照会するので、そこから2週間程度必要と言われ、8月4日の金消契約に間に合わないかもしれない事態となりました。
 女性職員は、深刻な事態である事と男性職員の虚偽説明の為、早期に動いて下さり間に合う事が出来て感謝をしております。
 しかし、8月21日に補助金申請に必要な書類を追加で持参した所、また男性職員が対応となり職務への姿勢が不信の為、決定通知の日程を念押しして部屋を出た所、建付が悪いドアを閉めた直後に男性職員が「急に・・〇××」と私の文句を他の職員に言っている声が聞こえてきて、不快でした。感覚を疑います。
 また、その場で男性職員が申請書類を確認したにも関わらず、見落としが多くてプラス2回訪問する結果となり、金銭的・時間的ロスが大きいです。

県からの回答

  •  貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
     今回のご意見を踏まえまして、ご指摘のありました申請書の事務処理につきましては、処理期間等について再確認するとともに、窓口での対応等において申請者が不快な気持ちになることがないよう十分注意して取り組むこととしております。
     今後とも県民の皆さんの役に立つ事業の推進に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 建築都市部 住宅計画課

ページの先頭へ戻る