県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/07/31
第6学区学校割り振り (カテゴリ:教育・文化/教育)
 市立高校を公立高校と捉えると県立高校数は決して少なくないと回答されていますが、一部の高校の偏差値(一般的に言われている)が極端に低く、ごく一部の生徒以外は受験対象となりません。
 よって、必然的に他の高校の競争率がより高くなります。他学区との競争率の差異を是正願います。

 第6学区倍率高い - 県民の声のページ(福岡県)
 http://kvoice.pref.fukuoka.lg.jp/voices/detail/id:1132

県からの回答

  •  このたびは、本県教育行政への貴重な御意見をいただきありがとうございます。
     前回回答させていただいたとおり、県立高校の入学定員は、毎年の中学校卒業者数を基に、学区によって異なる私立高校や市町村立高校の配置状況等も十分に考慮して設定しています。
     しかしながら、御指摘のように、一部の学校において志願倍率が高い状況があることも事実です。
     今回の御意見を参考にさせていただき、今後も、適切な入学定員の設定に努めていきますので、御理解と御協力をお願いいたします。
  • 教育庁 企画調整課

ページの先頭へ戻る