県民の声 聴かせてください みなさんの声

文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
福岡県のホームページトップへ

声の広場

ホーム> 声の広場> ご意見と回答

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ
一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:
ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に
探す場合はこちらから

組合せ検索

  • 分類で検索

  • AND検索OR検索
  • カテゴリで検索

  • 担当所属

  • 受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017/03/27
玄海原子力発電所の再稼働について (カテゴリ:くらしと環境/環境)
 3.11以降ずっと停止していた玄海原発の3.4号機が再稼働されようとしています。4月11日に佐賀県議会で再稼働について同意するか最終決定されるようですが、佐賀県内の自治体でも伊万里市、嬉野市、神埼市が反対の立場を表明しています。
 福岡県では唯一糸島市で住民説明会が開催されましたが、住民の不安を払拭できていません。原発事故の可能性がゼロでない限り、再稼働することには断固反対です。
 知事の挨拶で「万万が一、事故が起こった場合…」と話してありましたが、万万が一事故が起こった場合、佐賀・福岡だけでなく西風によって日本中が放射能で汚染される事になります。万万が一の事故を起こさない為にできるのは、再稼働させない事ではないでしょうか?
 まして、福岡には福島の事故以降、福島や関東方面から自主避難して来られたお母さんたちが大勢暮らしています。そういう方も含めて、原発再稼働には多くの福岡県民に不安の声があることを、県として表明して頂きたいのです。県民の命を守るために、よろしくお願いいたします。

県からの回答

  •  貴重なご意見ありがとうございます。
     原子力発電については、エネルギーの安全保障、経済、環境の観点から、その安全性の確保を大前提に、当面向き合っていかなければならないと考えています。
     再稼働にあたっては、その安全性について、国が責任を持って確認し、国や電力会社が国民に対してしっかりと説明を行って理解を得ることが必要であると考えています。
  • 総務部 防災危機管理局 防災企画課
    企画・地域振興部 総合政策課

ページの先頭へ戻る