県民の声 聴かせてください みなさんの声

声の広場

現在位置:ホーム 声の広場 ご意見と回答

福岡県では、県政の効率的かつ合理的運営を進めるために、県民の皆さんからのご意見、ご提案をお聴きしています。

声の広場

カテゴリで探す:ご意見等を内容別に分類したカテゴリ一覧から探す場合はこちらから 担当所属別で探す:ご意見等に回答した担当所属別一覧から探す場合はこちらから 年度・月別で探す:ご意見等を頂いた年月別に探す場合はこちらから

組合せ検索

検索条件を選択してください。
カテゴリで検索
担当所属
受付年月
検索条件クリア 検索
ご意見と回答

寄せられたご意見

受付日 :2017年2月17日
那珂川町の韓国自治体との友好都市協定締結について (カテゴリ:教育・文化/国際交流)

ニュースで、標記件について知りました。ニュースが報じているように、恐らく多くの町民が疑念を抱いているかと思います。同じ県民として、私も全く賛同できません。

町長が「交流は文化やスポーツ面で進める。歴史問題などが話題になるとは想定していない。」と語られていますが、どんな形であれ、友好関係を結ぶことは、韓国政府や自治体の「政治的」言動を認めることになると思います。

政治的な介入は避けるという前提にしても、文化やスポーツ交流の中で、政治的要素が表面化したり、政治問題に影響を与えることは少なからずあります。

国は自治体の集合体です。反日勢力に抵抗するならば、国(政府)はもちろん、 自治体も当然協力しなければいけません。

いずれにせよ、慰安婦像問題や竹島問題で韓国の政府・自治体が著しい「反日行動」を進める中で、「友好関係」を締結しようとする動きは断じて許せません。 もし県庁として、那珂川町の動きに反対でしたら、自治体への勧告等の対応をとって頂けないでしょうか。

また、賛同されるのでしたら、その理由を教えて頂けますでしょうか。

県からの回答

ご意見をいただき、ありがとうございました。

市町村が行う友好都市締結については、その市町村と相手国、地域とのそれまでの交流の実績や、今後の取組み、国際情勢などを考慮し、締結のタイミングも含め慎重に検討した上で、それぞれの市町村の判断で行われるべきだと考えています。

企画・地域振興部 国際局 地域課

ページの先頭へ戻る